RYOKA YAMASHITA(2014年2月〜9月)

一般英語コース 大学休学留学

HARUKA SATO(2014年2月〜8月)

一般英語コース 大学休学留学

AISのCertificate of Proficiency (COP) に初めて参加をされた Hirokoちゃん。

入学前から高度な英語力はありましたが、COP入学後は苦労をした点も多かったようです。COPで4 科目の単位を取得して、日本の大学に復学しました。

************

そもそも留学をしようと思ったのは、大学生活も半分以上過ぎ、

そろそろ就職活動の準備を始めだす頃でした。このまま就職することに何か物足りなさを感じ、思い切って留学してみよう!と思いました。ニュージーランドにしようと決めたのは、なんといっても自然豊かなことです!

ほかの国も自然豊かなところはたくさんありますが、

ニュージ ーランドは小さいところに街も自然も一緒にあって、他国よりも自然が身近に感じられると思ったからです。

 

HIROKO KAI

EAP2

Certificate of Proficiency in International Business

COPでの授業内容に躓くこともありましたが、クラスメイトは英語のネイティブ話者が多かったので、

機会を作ってもらい勉強を教えてもらえたことも英語コースと違う点でした。

COPをやってみて、アカデミックな力はもちろんですが、自分自身に関しても成長を感じることができました。

クラスでは現地の学生や留学生と一緒に勉強をし、同じ年代の学生と意見を交わすことで、勉強することに対する意識の差など、

日本と違う刺激がたくさんありました。専門科目を日本語で学ぶことも、もちろん自分の教養になりますが、それを英語で学ぶことは

もっと刺激的で、簡単ではありませんでしたが食らいついていくことでたくましくもなれました。

COPをやってみて一皮、二皮以上もむけた気がします(笑) COPで学んだことをもっと知りたくもなって、学生としての根本である” 学ぶ意欲”も変わったと感じました。

今後はニュージーランドで経験したことを糧に、日本国内外どこにいてもバリバリ働けるようになりたいです。

ニュージーランドで見た自由な働き方や仕事も趣味も”適当に”こなすライフスタイルを私も楽しめるように

これから先頑張れたらいいなと思います。

私がNZにあるAISに留学を決めた理由は、

AISの卒業生である大学の先輩に話を聞き、AISでなら楽しい留学生活が過ごせるかな、と思ったからです。

NZで学校がスタートしてから、現地のスタッフの方や、学校の先生も楽しくて面白い人が多く、楽しく授業を受ける事ができ、また安心して暮らす事ができました。

私は文法の基礎が全くないので、とてもためになる授業になっていました。

一般英語でしっかり基礎をつけて帰国前にはEAPコースでより高度な英語力を身につけたいと思っています。

私はホームステイをしていたのですが、NZに来る前はとても心配していました。

 

しかし、ホストはとてもいい人たちで、とても楽しく過ごす事が出来ました。

ホストブラザーとかけっこをしたり、ホストペアレンツも優しく接してくれ、

色々な話をしてくれました。やはりホームステイにしてよかったな〜と思っています。

 

最初に英語を勉強したい!と思ったきっかけは、字幕なしで大好きな映画を見てみたいと思ったことがきっかけでした。また、英語環境で仕事をすることができたらな、徒も思い、ワーキングホリデーを利用してNZに来ました。

渡航から半年ほどAISで英語を勉強をしました。すばらしい先生や、留学生の友達たちに囲まれ非常に楽しい期間を過ごすことができました。

卒業後は、ニュージーランドでの就職活動をし、色々な場所にCVをアポなしで渡しにいってきましたがこれは非常に大変な作業でした。しかしながら、面接に呼ばれ、とんとん拍子に仕事が決まりました。この間、すべて英語でのやり取りになりましたがまったく緊張をすることもありませんでした。そのときになって、楽しいばかりでなく、AISでのカリキュラムは非常に実践的であったことに気がつきました。いつもサポートをしてくれる先生方、スタッフの皆さん、そして出会った色々な国から来ている友人たちに出会うことができて本当にうれしく思います。私はいま、ノースショア方面に住み、仕事をしています。本当に素敵なところだなぁと毎日実感しています。ぜひ、皆さんもNZで素敵な滞在を過ごしていただきたいと思います!

HIROMI OSAJIMA(2013年5月〜10月)

一般英語コース

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • LinkedIn Social Icon

© Auckland Institute of Studies